-->

【Africa Daily】チャドの大統領は終身雇用か?

2021/03/23

Africa Daily チャド

t f B! P L

【Africa Daily】チャドの大統領は終身雇用か?(写真AC)

今日のエピソード


BBC World Service - Africa Daily, Does Chad have a president for life?

How did President Idriss Deby manage to stay in power for 30 years?

いつまで大統領の座にいるのだろうか。次は6期目だ。チャドのデビ大統領は1990年から大統領の職を続けている。謀反と反乱が続いたチャドで、デビ大統領はどのようにして権力を維持し続けているのだろうか。

デビ大統領は、フランス及び西洋諸国の後ろ盾を受けサヘル地域のテロ組織と対峙、一方国家の石油収入を投じて軍の機能を強化していると、ジャーナリストは指摘する。デビ大統領は軍部出身、チャド人大量虐殺に関与した前大統領にも師事した。チャドでは、暴力的・抑圧的な力は権力掌握にはつきものである。

今回の選挙はこれまでと何が違い重要なのか?これまでにない新しい対抗勢力が擁立されたことが挙げられる。若い元銀行家は発言力もあったが、選挙への参加が禁じられた。そしてもう一人は大統領の姪であり、軍の一部の支援を受けている。これはデビ大統領にとって懸念となる。一方、対抗勢力は分裂しており、まとまる機運は無い。

チャドの国民はどのように考えているのだろうか?チャドのバイクタクシー運転手は、生活に精いっぱいでそれどころではないと言う。また、奇跡でも起きない限り、フランスの支援を受けるデビ大統領が権力を失うことも無いだろうとも。確かに、対立候補者は選挙から排除され、公正な選挙プロセスが保たれるかも不明だ。デビ大統領自身は選挙を正当化できるのか?デビ大統領は、選挙は国内外の監視を受けており公正、対立候補は選挙勝利の見通し無く自発的に撤退したと主張している。

チャド国民の声は?大統領の在位が長すぎると。若年層にこのような見方は共感されている。何しろ生まれてからずっと同じ大統領だ。チャドでは45歳以下の国民は大統領選挙に立候補できず、政治参加が妨げられている。

チャドでは選挙を前にして反政府デモや抗議活動は禁止された。大統領は秩序維持を謳い、対立候補は逮捕された。それでもデビ大統領は引き続き多くの国の後ろ盾を得ている。その代表がフランスだ。

デビ大統領はサヘル地域の不安定化を懸念する多くの関係者との連携が強い。フランス・EU・米国等の西洋諸国や、中国とも。デビ大統領と西洋諸国とは、大統領の権力の維持と、西アフリカ地域での資源への安定したアクセスを巡って持ちつ持たれつの関係となっている。各国とも、現在のデビ大統領との関係を維持するために、背後にある民主主義や人権の問題には目を瞑っている。これらの国には、地域の政治的安定は国内の民主主義や人権に勝ることなのだ

デビ大統領が権力を維持する一方、対立候補も力をまとめ上げることができていない。長期在位の大統領に対抗するためには、十分な資金が必要だ。また、選挙監視機関への影響力も必要である。

デビ大統領の次の任期はどうなるか?これまで長く虐げられてきた国民は急進化しやすくなっており、これを落ち着かせるのは容易ではない。大統領は人やインフラへの投資、とスローガンを掲げるだろうが、国際社会からの監視とモニタリングによる圧力が必要だ。

サヘル地域


【解説】アフリカのサヘル地域とは? なぜ重要か?

【1月12日 AFP】アフリカの半乾燥地域サヘル(Sahel)は、気候変動や人口変動、さらにはイスラム過激派の武力攻撃が交錯する最前線だ。


サヘル地域の定義は一定ではないようですが、おおよそサハラ砂漠南部の沿岸地域諸国を指すようです。外務省ホームページによれば、主に、モーリタニア、セネガル、マリ、ブルキナファソ、ニジェール、ナイジェリア、カメルーン、そしてチャドの8か国とのこと。これらを総称して、「サハラ南縁諸国」とも言うそうです。

サヘルの語源はアラビア語のsāhil(岸辺)、アラブ文化の浸透は西アフリカまで広がっているわけですが、イスラム過激派やテロリストの温床になってしまっているのは残念なことです。砂漠地域が広がり国境管理が甘いことから過激派の移動・活動を容易にしているとのことですが、元々国境も無い砂漠を自由に移動する遊牧民であったことを考えると、移動をコントロールするのも難しいかもしれません。

ちなみに、サヘル・ローズさんのサヘルとサヘル地域は同じサヘルですね。

チャド大統領の死去

このようなエピソードから1ヶ月、チャドのデビ大統領の死去が発表されました。反乱勢力との戦闘で被弾したとのことです。まさに「終身雇用」であった一方、デビ大統領統治の終焉も突然にやってきました。チャドの今後について、こちらのエピソードもどうぞ。

【Africa Daily】チャドはどうなる?

チャドのデビ大統領が死去したことが報道された。統治は30年に及んだがテロリストとの交戦に巻き込まれたとされる。 大統領死去から数時間の間で、軍がチャドの政治システムを掌握することが発表された。デビ大統領は周辺諸国の指導者にも大きな影響力を発揮していた。チャドはこれからどうなるのか?

BBC Africa Dailyでアフリカを知ろう

BBC Soundsで配信されるAfrica Dailyのエピソードを聴いて、英語ヒアリングの練習と一緒にアフリカの出来事に目を向けてみる記事。平日毎日配信されるエピソードをなるべくカバーするよう頑張りますが、無理のない範囲でやります。また、エピソードに関連する情報や気になることも合わせて付け加えます。

なお、記事の内容はエピソードを個人でヒアリングの上あるだけの知識で意訳しているもので、誤訳や解釈などから生じるいかなる不利益にも責を負いません。

また、エピソードの配信期間は配信初日から1年です。


このブログを検索

最新記事はこちら

【Africa Daily】アフリカは太陽光をどうするつもりなのか?

(Unsplash) 今日のエピソード BBC World Service - Africa Daily, How is Africa doing with solar power? Millions across Africa have no access to elect...

自己紹介

そろそろネットで何かやってみるか、という程度。のんびり、てきとーに。