-->

【Africa Daily】アフリカはコロナ・オリンピックの準備はできているか?

2021/03/24

Africa Daily

t f B! P L

【Africa Daily】アフリカはコロナ・オリンピックの準備はできているか?(写真AC)

今日のエピソード


BBC World Service - Africa Daily, Is Africa ready for a Covid Olympics?

The pandemic is changing the face of the Olympics. How’s everyone preparing?

オリンピックを見るといつも特別な気分になる。東京オリンピックも期待していたが・・・一年延期となってしまった。しかし、日本では聖火リレーの準備が進んでいる。オリンピックは7月、パラリンピックも8月に開催予定だ。選手はどのような準備をしているのだろうか。

ケニア人のスポーツ記者にインタビュー。「東京で3度目のオリンピック取材、スポーツ好きの地域に住む自分にとってもオリンピックは最大級のスポーツイベントです。テレビをみんなで囲んで、ケニアやアフリカの選手が勝つと盛り上がります。」東京オリンピックへ荷造りは?「準備はできていますが、いつもと違うのはマスクをいっぱい詰めていること。コロナ禍になってから海外に行くのは東京が初めて。」

「コロナ禍での移動は非常に厳しいですね。まず、出国前に10日間隔離する必要があります。出発前にCOVID-19検査。到着時にも検査。記者も選手も、空き時間の観光は今回はできないですね。」

「それでもIOCはオリンピック開催に積極的です。日本政府もそうです。オリンピックはコロナ禍で前向きなイベントですから。また、政府はオリンピックの安全な開催に向け厳格な手順を導入しようとしており、お金もかけています。一方、経済性の問題も絡んでいます。IOCの収入の73%はメディアから来ています。一回当たり約40億ドルと大きな利権です。」
観客にとって、今回のオリンピックとは?「IOCと日本政府は、海外からの観客を受け入れないことを発表しました。4百万枚以上のチケットが売れてしまっていますので、取り扱いは課題ですね。でも雰囲気は大きく変わらないでしょう。」

選手にとってはどうですか?「扱いは旅行者と同じ、厳しい措置が取られます。滞在中は基本的に国別のバブル(グループ)で区分けされます。更に4日ごとの検査があります。選手には練習にも課題があります。」

ブルキナファソの三段跳びの選手は、「今は誰もいないスタジアムでトレーニングも一人でやっています。コロナ禍でスタジアムも閉鎖されている間は、家で肉体トレーニングに注力していました。でもオリンピックはもちろん楽しみです。海外からの観客はいませんが、日本のファンが盛り上げてくれるでしょう。」

「ドーハ世界陸上では銅メダルでしたが、ブルキナファソで初のオリンピックメダリストになることを目指しています。アフリカでは夢を持つのは容易ではありません。若者が夢を持てないと、大きなことが成し遂げられない。これは問題です。」

選手のモチベーションは普段と違うようだ。「オリンピック競技の最終目標は、選手の夢をかなえることです。例えば、ザンビアの女子サッカーチームは初めてオリンピック予選を勝ち抜いたのです。オリンピックでプレーすることが選手のモチベーションになるのです。」

ザンビアの選手は、「オリンピックを本当に楽しみにしています。チーム全員がです。初めてのオリンピックですから。開催前に通常の状態に戻れば良いですが。バブルでの生活は昨年からやってきており、行動範囲は限られますが困難ではないでしょう。」

バブル生活のコツは?「まあ、トレーニングから戻るとちょっと暇ですね。ゲームしたり、音楽を聴いたり、やることを見つけないと。でも何をやるかは自分次第です。」

記者は、「アフリカの選手が活躍してほしいですね。特にアフリカの陸上選手はハングリー精神も高くメダルも期待できますし、国の期待もあります。若い南アの選手が、初めて世界を目指す、と言っていましたが、それがオリンピックです。」

オリンピックとアフリカ

今日は東京オリンピック関連のテーマで、とても身近な話題が取り上げられました。第1回近代オリンピックがアテネで開催されて以降、アフリカでオリンピックが開催されたことはありません。

また、これまで中止となったのは、1916年、40年、44年の3回。延期になったことは今回が初めてです。中止はいずれも戦争が理由と思われ、今回の延期や中止の議論は相当異例なことがわかります。

ネットを見ていたら面白い地図を見つけました。世界の主食分布マップとのことで、アフリカ地域の主食の違いも色分けで見ることができます。


【図解】世界の「主食」分布MAP(東京都教育委員会)


これによると、北部は小麦、西部はジャガイモ、東部はトウモロコシと、比較的はっきり分布が分かれていることがわかります。東部はキャッサバもよく食べられています。面白いのは、マダガスカルだけコメになっているところ。生態系だけでなく、食文化もアフリカ諸国と異なるのでしょうか。

オリンピックでは、選手村でも世界各地の料理が振る舞われるそうです。今回は、各国がバブルで分かれてしまい、食事もどうなるのでしょうか。食事はエネルギーの源、選手の活力が湧く食事が提供されると良いですね。

BBC Africa Dailyでアフリカを知ろう

BBC Soundsで配信されるAfrica Dailyのエピソードを聴いて、英語ヒアリングの練習と一緒にアフリカの出来事に目を向けてみる記事。平日毎日配信されるエピソードをなるべくカバーするよう頑張りますが、無理のない範囲でやります。また、エピソードに関連する情報や気になることも合わせて付け加えます。

なお、記事の内容はエピソードを個人でヒアリングの上あるだけの知識で意訳しているもので、誤訳や解釈などから生じるいかなる不利益にも責を負いません。

また、エピソードの配信期間は配信初日から1年です。


このブログを検索

最新記事はこちら

【Africa Daily】ケニアが検問に辟易しているのはなぜか?

(Unsplash) 今日のエピソード BBC World Service - Africa Daily, Why is Kenya fed up with police roadblocks? Complaints of petty corruption are forcin...

自己紹介

そろそろネットで何かやってみるか、という程度。のんびり、てきとーに。