-->

【Africa Daily】アフリカの未来都市はどのように作るべきか?

2021/04/14

Africa Daily ウガンダ ケニア 南アフリカ

t f B! P L

【Africa Daily】アフリカの未来都市はどのように作るべきか?

今日のエピソード


アフリカの各都市はインフラが十分に整っているとは言えない。人口に見合う住宅を整えることもできていない。

ウガンダでは、自前の仮想通貨持つ新しい形の都市開発が発表された。ナイジェリアでは海上に作られる新しいエコタウンが、ケニアでもテクノシティが作られている。

しかし、アフリカのコミュニティを破壊しない形の街づくりはできるのか?

SF世界に出てくるようなハイテクできれいな街が南アフリカに出来ようとしている。住環境・設備・テクノロジーどれをとっても世界レベルのものになる。しかし、実際にどのように機能するのかは見えてこない。

ウガンダでは、歌手のAkonが未来都市を作ろうとしている。アイディアは理想形だが、実現にはウガンダで多くの変化が必要だ。カンパラ郊外のNaguruプロジェクトは2013年に立ち上がった。多くの住宅や5つ星ホテル等ができる計画だったが、未だに完成していない。

一方、南アフリカのSantonは、アフリカ大陸でもっとも成功した都市開発だ。経済圏として必要なサービス要件を満たすことで、アフリカでもっとも高いビルが建ち、経済的にも最も裕福なエリアとなった。Durbanのある地区も近代化し成功している。

上手くいっていない例は?エジプトの新カイロ首都計画は水問題の解決が問題だ。エチオピアとの水利権を解決する必要がある。こうしたことはアフリカの都市化や近代化で議論しなければならない問題だ。

サステナブル・リビングの研究者は、「未来都市には再生エネルギーの利用や下水・ごみ処理の整備が必要です。未来都市の隣にゴミの山が出来るわけにはいきません。」と言う。そして、既存の地域コミュニティへの配慮も必須だ。

「都市開発の結果、地域コミュニティも便益を受けるようにならないといけません。十分な補償も無くコミュニティを破壊し家を失うようでは、経済発展につながることになりません。コミュニティも含めた持続性が大事な点です。」

実際の都市開発計画ではこの点をどう考えているのか?「国産材を活用していきます。国内で作れるものを世界から持ってくる必要はありません。ビルは近代的でかつアフリカ的になります。アフリカの素材で、茶色や金色の壁面になるでしょう。」

大事なことは、バランスをとるということだ。ケニアのシリコンシティと言われる都市では、外観だけでなく社会と経済成長に貢献する街づくりが行われている。雇用の創出や学校や医療機関の充実も課題だ。

こうした街づくりへの道のりは長いが、少しずつ進んでいる。

未来都市

「未来都市」と言っても色々なイメージがあると思いますが、代表的な一例は映画「ブレードランナー」の舞台かもしれません。2019年のロサンゼルスという設定で、酸性雨が降り人口過多の大都市、とは今日のエピソードの目指す未来都市とは真逆の発展を遂げてしまっています。2019年も普通の世界でよかったですが、未来都市やAIの活躍など、世界がだんだんブレードランナーの世界に近づいているのではないかと心配になります。


ブレードランナー : 作品情報 - 映画.com

ブレードランナーの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。2019年、惑星移住が可能になった未来。レプリカントと呼ばれる人造人間が謀反を起こし、地球に侵入。レプリカント専門...

未来都市はアフリカに限らず世界中で構想されていますが、実現してしまいそうなプランといえば、サウジアラビアの「ザ・ライン」でしょうか。


DISCOVER NEOM - THE LINE (日本語)


ムハマンド(ムハマド)皇太子肝いりのNEOMプロジェクトの一環として、全長170キロの細長い都市に100万人が居住する計画です。しかも車も車道もなく、端から端までリニアモーターカーでつながれ(乗車時間20分)、どこでも徒歩20分以内で行けるという、まさに「都会生活革命」が起こる未来都市です。このプロジェクトはサウジアラビアの国家計画「Vision 2030」の一部なのですが、いつできあがるのでしょうか。

BBC Africa Dailyでアフリカを知ろう

BBC Soundsで配信されるAfrica Dailyのエピソードを聴いて、英語ヒアリングの練習と一緒にアフリカの出来事に目を向けてみる記事。平日毎日配信されるエピソードをなるべくカバーするよう頑張りますが、無理のない範囲でやります。また、エピソードに関連する情報や気になることも合わせて付け加えます。

なお、記事の内容はエピソードを個人でヒアリングの上あるだけの知識で意訳しているもので、誤訳や解釈などから生じるいかなる不利益にも責を負いません。

また、エピソードの配信期間は配信初日から1年です。


このブログを検索

最新記事はこちら

【Africa Daily】ケニアが検問に辟易しているのはなぜか?

(Unsplash) 今日のエピソード BBC World Service - Africa Daily, Why is Kenya fed up with police roadblocks? Complaints of petty corruption are forcin...

自己紹介

そろそろネットで何かやってみるか、という程度。のんびり、てきとーに。