-->

【Africa Daily】NBAはアフリカに惚れ込んだのか?

2021/05/13

Africa Daily ルワンダ

t f B! P L

【Africa Daily】NBAはアフリカに惚れ込んだのか?
 

今日のエピソード


BBC World Service - Africa Daily, Is the NBA falling in love with Africa?

The NBA is putting good money into a brand new league for African basketball.

NBAをテレビで見たのは、強烈な思い出だ。そんなバスケットボール好きにすごい喜びがやってくる。5月16日から、アフリカで初めてのプロバスケットボールリーグが始まるのだ。支援するNBAは、最近アフリカで多額の投資を行なっている。その目的は、スポーツ振興か、金か?


BAL = Basketball African Leagueは、ルアンダの首都キガリで開幕となる。そもそもBALとは何か?BBCのスポーツアナウンサーに聞く。

「全アフリカリーグで、12カ国から12チームが参加します。NBAおよびFIBA(バスケットボールの国際団体)の後援によるものです。NBAが初めて北米以外での興行に投資するもので、各国のナショナルチームメンバーなども参加します。」

アフリカ大陸でのバスケットボール競技はどうか?

「アフリカでもバスケットボール人気は拡大しています。NBAでも、アフリカで生まれ育ったスター選手が複数いて、見ることができます。」

BALはどういう形になっているのか?

「当初は3月に開幕予定でしたが昨今の状況下延期となり、今のところ、キガリアリーナで2週間にわたり26試合が開催される予定です。12チームは3グループに分かれ、上位8チームが準決勝リーグに進出します。決勝戦は5月30日です。」

「NBAはビジネスです。NBAはアフリカをビジネスの成長市場と見ています。そしてNBAはBALを経済成長のドライバと考えています。先進国でも、スポーツビジネスは経済発展の起爆剤になっているのです。」

コロナ禍の中、このような大規模大会を運営できるのか?それに応えるために、選手や関係者は徹底的に隔離される。選手も一人で練習しなければならない。なぜ、キガリで開幕イベントが開催されるのか?

「安全対策チェックリストに全て照らし合わせています。国についても、皆よく知っています。」


そんな中、皆が名前をあげる注目選手が米国のラッパー、J Coleだ。

「彼のような世界有数のラッパーが参加するとは、信じられないことです。彼の曲にもNBA選手が登場しており、2012年にはNBAのオールスターゲームにも参加しています。ダンクシュートも決めましたが、9年前のことなので、今もできるかどうか・・・プロの集まりであるNBAが興行するBALでプロの経験もない選手が出ることへの懸念もあります。」

プロ経験もないアフリカのミュージシャンがアフリカに来て注目を集めるより、アフリカの若い選手に活躍させた方が良いという意見もある。

「いずれにせよ、J Coleが出ることで皆がBALについて語るようになっています。これ自体は良いことです。」


女子バスケットボールリーグも設立されるのか?

「まずは、男子リーグがどれだけ人気を博すか、見る必要があるとのことです。将来の可能性はあるでしょうが、今は決まったものはありません。」

女子リーグはしばらく先になりそうだが、触れておかなければならない女性がいる。DJ Poison Ivyは、BALの全試合の音楽を担当するのだ。

「1日3試合あり、10日続くので大変ですが楽しみです。BALの期待に応えるような、アフリカ大陸の音や音楽を取り入れたサウンドトラックを作っていきたいです。うまくいけば、BALとの連携は娯楽や音楽産業の支えにもなります。選手だけでなく全ての人がこのスポーツ産業とつながっているのです。」

「私はケニアで生まれ、9歳でダラスに移住しました。ケニアのナショナルチームの評議会にも関与していました。シカゴのチームDJとしてアフリカの音楽をかけています。」

BALは女子リーグも設立すると思うか?

「永遠にできない、ということはないことを期待します。」

興奮と金の流れは、いつまで続くのだろうか。BALは開幕リーグ以降も運営できる資金があるのか。

「開幕リーグは赤字になるでしょう。NBAとFIBAの永続的な支援が必要になると思います。しかし、一年ごとに強靭になり、自立していくことを目指しています。」

「J Coleも注目ですが、やはり自分の国のチームは気になります。運営や資金など、越えなければならない課題は多いですが、きっと興奮するものになるでしょう。」

BBC Africa Dailyでアフリカを知ろう

BBC Soundsで配信されるAfrica Dailyのエピソードを聴いて、英語ヒアリングの練習と一緒にアフリカの出来事に目を向けてみる記事。平日毎日配信されるエピソードをなるべくカバーするよう頑張りますが、無理のない範囲でやります。また、エピソードに関連する情報や気になることも合わせて付け加えます。

なお、記事の内容はエピソードを個人でヒアリングの上あるだけの知識で意訳しているもので、誤訳や解釈だらけかもしれません。これらから生じるいかなる不利益にも責を負いません。

また、エピソードの配信期間は配信初日から1年です。


このブログを検索

最新記事はこちら

【Africa Daily】アフリカは太陽光をどうするつもりなのか?

(Unsplash) 今日のエピソード BBC World Service - Africa Daily, How is Africa doing with solar power? Millions across Africa have no access to elect...

自己紹介

そろそろネットで何かやってみるか、という程度。のんびり、てきとーに。