-->

【チュニジア】チュニジアの「メガホン」政治家は誰か?

2021/05/21

Africa Daily チュニジア

t f B! P L

【チュニジア】チュニジアのメガホン政治家は誰か?
(写真AC)

今日のエピソード

BBC World Service - Africa Daily, Who is Tunisia’s ‘megaphone’ politician?

She’s been called a populist, but Abir Moussi is shaking Tunisian politics to the core.

今日のエピソードはSNSに掲載された一枚の写真から始まる。そこには、白いヘルメットを被り、白い防弾ベストと思しき服を着た女性が写っている。しかも、彼女はチュニジアの議会で発言しているのだ。彼女は国会議員のアビ・モシィだ。

批評家は、これは大衆に向けた彼女のパフォーマンスの一つという。これまでにも、議会にメガホンを持ってきて対抗勢力を指弾したこともあった。彼女は、過去10年のチュニジアの政治を批難し、経済政策の失敗や失業率の増加の指摘は、聴衆の関心を誘っている。彼女はどんな人物なのか。


チュニジアの過去10年は、「アラブの春」から始まる。当時のベナリ大統領は退陣し、チュニジアの民主化の動きに繋がったが、与党の政治家は困難な課題に直面することになった。高失業率、汚職、インフレ。人々からは、ベナリ大統領がいないからだとの声が上がったのだ。

より良い生活のためには、チュニジアには力のある指導者が必要。そして、アビ・モシィがそうと目される。チュニスのリサーチセンターの研究員に聞く。

「彼女はカリスマで、権威主義的な自由立憲党のリーダーです。非常に力強くて、カリスマなのです。」

彼女は20年以上の政治活動歴がある弁護士だ。彼女はベナリ大統領に対しても、批判を恐れず対抗している。

「ヘルメットや防弾ベストは見せるため以上のものはありません。彼女にはボディガードもいますし、彼女の家族や関係者は内務省との繋がりもあり孤立しているわけではありません。彼女はこのようにして、芸能人のように写真やビデオが流れ、世の中の流れを作るのを期待しているのです。」

「ヘルメットの写真が出てから数日後、彼女は車での抗議デモを行いました。車列を組んで、国会から大統領宮殿まで向かったのです。警笛を鳴らし、すごい騒音でした。」

アビ・モシィは穏健派イスラム主義政党であるナハダと激しく対抗している。ナハダは2019年の総選挙で勝利したが、アビ・モシィの抗議の標的となっている。

人々はどのように反応しているか?

「彼女のパフォーマンスにかかわらず、人々は彼女をナハダの対抗馬として見ており人気があります。多くの人々はナハダが政治・経済の混乱を引き起こしていると考えています。これまでの政党はナハダと政策合意すると妥協してきましたが、彼女は違います。実際、彼女はナハダとの対話を行っておらず、それが人々からは、ナハダの真の対抗馬と見られているのです。彼女の写真やビデオが非難されても、彼女の人気は高いのです。」


彼女が広めていると指摘されている陰謀説とはなにか?

「革命が欧米の陰謀によるものであったというものです。」

もちろん、2011年の動きが外国勢力の陰謀であったとの証拠はない。


彼女の政治的思想についてはどうか。

「政党の目標はナハダの排除です。政治・経済を以前のチュニジアに戻すことを標榜し、大衆主義的にナハダを排除することでチュニジアは良くなるとの主張ですが、5年・10年でチュニジアをどうするか、誰がやるのかも、誰もわかりません。」

彼女の、政権・治安奪取、ナハダの禁止の主張は人々への受けは良いようだ。昨年の選挙では、7%弱の得票率となったが、次回の選挙ではどうなるのか?

「次の選挙は3年後です。彼女は選挙の早期化を強く主張するでしょう。大衆の支持を維持するのが難しいからです。彼女は議会運営を止め、議論を行き詰まらせることで議会を解散に追い込み、選挙に持ち込みたいのですが、今の所うまくいっていません。」

「世論調査では、彼女の支持率は20〜40%あり、他の政党より人気です。彼女がナハダの対抗馬とみられているからです。」


若者たちは彼女をどう見ているのか?最近の社会騒乱は失業などに苦しむ若者が中心になっているというが。

「彼女にとってそれほどの支えにはなっていません。若者は政治に失望しています。彼女はそうはいっても、チュニジアに困難をもたらしている政治家の一人です。それが、彼女が大統領選挙で劣勢である理由です。現在の大統領は政党の支援や政治的背景を持っていません。」


それでも、彼女は人気で彼女の批判的主張は世論に受けている。彼女の主張は北アフリカ諸国の政治に影響するのか?

「北アフリカの国々は民主主義ではありませんので、どのような指導者が出てくるのかわかりませんが、自由選挙が行われるとすれば、政治的思想を持たない大衆主義的指導者出現のモデルとなるかもしれません。」

チュニジアで起こっていることは、他の国にとってどれほど重要なことなのか?

「チュニジアには政党もあり問題は民主主義的に解決されます。他の北アフリカ諸国の支配者が非暴力的になり選挙と民主主義を受け入れれば、チュニジアは引き続き他の国々のモデルケースになるでしょう。」

白いヘルメットといえば・・・

さて、今日のエピソードで挙げられているアビ・モシィの実際の姿は以下記事の通りです。


Here's why Tunisia MP Abir Moussi wears helmet and bulletproof vest in parliament session

Abir Moussi, a Tunisian MP attended a parliament session wearing a motorcycle crash helmet and a bulletproof vest, read the story to know why.


これを見て思い出すのが、同じような格好をしているイギリスの人気者、The Stig(スティグ)です。


The Stig and Dermot O'Leary in new BBC driving show

The Getaway Car, presented by Dermot, will also feature Top Gear's "tame racing driver" The Stig and will see families and friends compete in a set of driving challenges.

スティグはBBCの人気テレビ番組「Top Gear」で覆面ドライバーとして登場するキャラクターです。Top Gearは日本でも放映されていたこともあると思います。番組では、主に試乗車の性能(スピード)測定を行うコーナーでテストドライバーとして出てきます。アビ・モシィとは異なり、セリフは一切ありません。

顔を見せることも、言葉を発することもないスティグの正体は明らかになっていませんが、初代スティグ(ブラックスティグだった)は、F1ドライバー(ただし決勝進出無し)であったペリー・マッカーシーであることが後年公表されました。また、2代目スティグ(ホワイトスティグ)は未だ公式な発表はありませんが、F3ドライバーであったベン・コリンズが自伝でスティグであることを公表しています。ベン・コリンズは自身がスティグであることを公表したことにより、BBCとの契約を解除された、とされています。

そして、現在3代目スティグが活躍していますが、それが実際誰なのか、知るよしもありません。

BBC Africa Dailyでアフリカを知ろう

BBC Soundsで配信されるAfrica Dailyのエピソードを聴いて、英語ヒアリングの練習と一緒にアフリカの出来事に目を向けてみる記事。平日毎日配信されるエピソードをなるべくカバーするよう頑張りますが、無理のない範囲でやります。また、エピソードに関連する情報や気になることも合わせて付け加えます。

なお、記事の内容はエピソードを個人でヒアリングの上あるだけの知識で意訳しているもので、誤訳や解釈だらけかもしれません。これらから生じるいかなる不利益にも責を負いません。

また、エピソードの配信期間は配信初日から1年です。


このブログを検索

最新記事はこちら

【Africa Daily】ケニアが検問に辟易しているのはなぜか?

(Unsplash) 今日のエピソード BBC World Service - Africa Daily, Why is Kenya fed up with police roadblocks? Complaints of petty corruption are forcin...

自己紹介

そろそろネットで何かやってみるか、という程度。のんびり、てきとーに。