-->

【Africa Daily】なぜ南アフリカでは違法採掘が無くならないのか

2021/07/14

Africa Daily 南アフリカ

t f B! P L

 

【Africa Daily】なぜ南アフリカでは違法採掘が無くならないのか
(写真AC)

今日のエピソード

金鉱採掘の歴史は過酷な労働と切り離すことができない。しかし、今日では、南アフリカの金鉱採掘は多くが違法となっている。

なぜ南アフリカでは違法採掘の問題が無くならないのか。


金鉱採掘者などを取材するジャーナリストに聞く。

「南アフリカで金が見つかったのは1886年です。ヨハネスブルクで見つかったことは大ニュースになりました。」

「時間も経たないうちに人々が集まり、町が出来上がり、人々は大いに盛り上がりました。」

「年をかさね、ヨハネスブルクは世界中の人を魅了する巨大都市になり、南アフリカの中心的な商業都市となったのです。1970年代には、南アフリカは世界最大の金生産を誇り、また南アフリカの経済も支えました。」

「しかし、金価格の下落と生産コストの上昇が、金鉱の閉鎖に繋がっていったのです。一部の立て坑は廃棄されましたが、金はまだ残っています。ヨハネスブルグの市民はそれを知っています。」

「彼らはリスクを承知で古い金鉱に行き、金を取って売り、生活費に充てています。そして金の採掘がブームになり、各地域からも人が集まるようになっています。」


南部アフリカの各地から集まってきて採掘に従事することを歌った歌がある。立て坑の構造やリスクはどうなっているのか。

「立て坑は、巨大な穴です。地下に向かって伸びており、熱水や粉じん、酸や落石等があり、掘削は複雑な事業です。」

「違法採掘者たちは何をやっているか、よくわかっています。彼らはばくち打ち、と呼ばれています。優れた技術と装備、腕を持ち、採れた金は闇市場で売るのです。彼らには顧客もいます。」

「北部の州首相が、違法採掘がどのように成り立っているか教えてくれました。」

「彼らには地下で成り立つ5つの階層とサプライチェーンシステムがあります。第1の層は地下で働く掘削者で、不法移民たちです。第2が、金鉱周辺にいるバイヤーです。」

「第3が、地域のバイヤー、次に国内外向けの卸売り業者、そして第5が国際販売業者です。これは非常に広範なネットワークなのです。」

「違法採掘は儲かりますが危険です。これは暴力組織により操られています。シマを巡る武闘抗争に巻き込まれることもあります。」

「また、現場は地下の廃坑です。落石で命を落とす危険が有ります。6月には火災で20人の違法採掘者が死亡しました。これは地下のガス爆発から来た火災で、遺体は酷いやけどを負っていました。」

「違法採掘は2018年より行われていました。政府・民間等の協力が必要です。違法採掘者はコミュニティの中で生活しているのです。警察としては対処に全力を尽くしています。」


違法採掘者は人々からどのように見えるのか。重労働でリスクも高い。

「違法採掘がいかに深刻なものか、何が起きているのか理解する必要があります。実際に採掘者に聞いてみました。」

「彼が小さい頃、村で貴金属が発見されました。ニュースはフェイスブックなどで広まり、あちこちから、採掘者だけでなくニュースレポーターなども集まってきて、大きく取り上げられました。」

「しかし見つかったものがダイヤモンドではないと分かったところで、人々は採掘を止めました。しかし、それまでの採掘も違法です。人々は職も無く家にいるだけでしたので、子供まで出てきて学校にも行かずに掘ったのです。」

「人々は人生が貧困であるとわかっています。しかし児童労働の実態があります。子供たちは働きにではなく、学校に行かなければいけないのです。」


なぜ、南アフリカは正規の掘削労働者として問題を解決しないのか。

「難しい問題です。大きなコストがかかることなのです。他の公共福祉に充てられるべき費用です。病院建設やコロナ対応など。違法採掘は、南アフリカ経済に大きな悪影響を与えているのです。」

「海外から投資を呼び込み、新しい雇用を作る必要があります。違法というだけでは意味がありません。南アフリカの失業率は30%以上です。その結果、人々は立て坑に行き、命を危険にさらすのです。」

「対処として、法と秩序の介入が必要です。警察の対応は十分ですが、創造的な全体対応が必要です。」

「例えば、合法的採掘です。政府も小規模採掘での許認可等合法化を進めています。また、違法採掘現場での立て坑の封鎖も行います。」

BBC Africa Dailyでアフリカを知ろう

BBC Soundsで配信されるAfrica Dailyのエピソードを聴いて、英語ヒアリングの練習と一緒にアフリカの出来事に目を向けてみる記事。平日毎日配信されるエピソードをなるべくカバーするよう頑張りますが、無理のない範囲でやります。また、エピソードに関連する情報や気になることも合わせて付け加えます。

なお、記事の内容はエピソードを個人でヒアリングの上あるだけの知識で意訳しているもので、誤訳や解釈だらけかもしれません。これらから生じるいかなる不利益にも責を負いません。

また、エピソードの配信期間は配信初日から1年です。


このブログを検索

最新記事はこちら

【自分で作るGlide】10:アプリを公開する−ノーコードで塾の予約アプリを作る

(写真AC) Glideを使ってノーコードで塾の予約アプリを作りながら、Glideの機能をみてみます。 今回は、最終回として、作ったアプリを公開する方法とプライバシーの管理についてです。

自己紹介

そろそろネットで何かやってみるか、という程度。のんびり、てきとーに。