-->

【ナイジェリア】なぜ多くの医師がナイジェリアを離れるのか?

2021/09/15

Africa Daily ナイジェリア

t f B! P L

v【ナイジェリア】なぜ多くの医師がナイジェリアを離れるのか?
(Unsplash)

今日のエピソード

BBC World Service - Africa Daily, Why are so many doctors leaving Nigeria?

Thousands of doctors have left Nigeria to look for better-paying jobs abroad.

イギリスにいれば、心臓手術を受けることが出来る。しかし、アフリカ大陸では・・・まずもって病院に医者がいないしICUにも空きベッドが無いのだ。

ナイジェリアでは、8月に医師のストライキが発生した。問題は給料だけでなく、労働環境や医療設備の不足など、広範にわたる。ナイジェリアの公共医療制度は崩壊している。政府は、コロナ禍の最中でも改善に向け取り組んでいるというが、劣悪な環境から、医師たちが病院を辞め、サウジアラビア等、ナイジェリア人医師を積極的に採用している国々へ流出しているというのだ。これは頭脳の流出だ。

ナイジェリアの医師に、ナイジェリアの医療制度とストライキについて聞いた。

「我々はストライキをしたいわけではありません。しかし幾月もの給料を受け取ることもできず、子供たちの学費を払うこともできません。また、医療システムも崩壊しています。スタッフ不足でシフトが増加し、連続勤務で疲弊しています。ある医師は、患者を診療中に寝てしまったのです。家に帰って疲れをとることもできず翌日もそのまま働いています。ストライキは、医師の権利のための戦いです。医師も子供の学費など支払いをしなければいけないですし、医療システムの崩壊で疲弊しているのです。診療し続けることはできません。」


そして、この医師も含め、医師の国外流出につながっているという。

「海外の勤務地で給料をもらい、肉体的・精神的充実が得られる機会があれば、もちろん海外に行きます。ナイジェリアでは重要視されておらず、その結果失うのです。」

これはどれだけ大きな問題なのか。ある調査では、2万人のナイジェリア人医師が国外に流出したという。その行先は、イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、アラブ首長国連邦、南アフリカやサウジアラビアなどだ。

サウジアラビアに移住した医師に話を聞いた。家族はナイジェリアに置いてきたので匿名だ。

「ナイジェリアから離れた理由はいくつもあります。面接を受けたときには、ひどく疲弊していました。ナイジェリアの病院は患者であふれていますが、サウジアラビアでは勤務時間が固定されています。」

「ナイジェリアでは、医師としてサービス向上に努めることはできますが、医療システムや設備といったものを改善する能力はありません。」


ナイジェリアの新聞記者にも聞いた。

「政府は医療分野への教育や訓練に資金を投じていません。未だに評価していないのです。欧米に行けば、ナイジェリアよりも格段に評価されます。」


ナイジェリア政府はどう見ているのか。大統領は、「頭脳の流出」を抑え、医師や看護師の招聘や医療機関への投資を幾度も発言している。2019年のインタビューでその理由がわかる。

「ナイジェリアには、人口2億人に対し7万人の医師がいますが、一部は診療から離れていますので、実質的に5万5千人の医師がいることになります。人口に対する割合はWHOが推奨するより著しく少ないのです。医師の確保と養成は喫緊の課題です。医師は、機会があればすぐに移ってしまいます。」

大統領は、医師たちに患者の身体を守るために仕事に戻るように要請している。


医師たちは国に戻るつもりはあるのか?より良い環境を求めてナイジェリアを離れた医師に聞く。

「多くの医師たちが、いずれナイジェリアに戻って私立病院を開業しようとしています。友人は私立病院を開業して政府とも協業していますが、やるべきことが出来るようになっています。」

「良い条件が得られるかに拘わらず、ナイジェリアには戻るでしょう。良い方がいいですが、自分の国ですから。」

世界の医師数

医師不足が問題となっているナイジェリアですが、世界各国の医師数はどうなっているのでしょうか。

総務省統計局では、「世界の統計」として世界の様々な数値をまとめています。この第14章で「国民生活・社会保障」として世界各国の医師数を見ることができます。

人口1,000人あたりの医師数、看護師数を見ると、日本は医師2.4人、看護師12.4人となっています。アフリカ地域では、全ての国のデータはありませんが、一番多いのは医師数がアルジェリアで1.7人、看護師はガーナの4.2人です。看護師は日本とは相当の差があります。

先進国は日本と同等レベルの国が多いですが、ヨーロッパ各国は全般的に日本を上回っており、医療の充実が感じられます。

BBC Africa Dailyでアフリカを知ろう

BBC Soundsで配信されるAfrica Dailyのエピソードを聴いて、英語ヒアリングの練習と一緒にアフリカの出来事に目を向けてみる記事。平日毎日配信されるエピソードをなるべくカバーするよう頑張りますが、無理のない範囲でやります。また、エピソードに関連する情報や気になることも合わせて付け加えます。

なお、記事の内容はエピソードを個人でヒアリングの上あるだけの知識で意訳しているもので、誤訳や解釈だらけかもしれません。これらから生じるいかなる不利益にも責を負いません。

また、エピソードの配信期間は配信初日から1年です。


このブログを検索

最新記事はこちら

【Africa Daily】ケニアが検問に辟易しているのはなぜか?

(Unsplash) 今日のエピソード BBC World Service - Africa Daily, Why is Kenya fed up with police roadblocks? Complaints of petty corruption are forcin...

自己紹介

そろそろネットで何かやってみるか、という程度。のんびり、てきとーに。