-->

【映画】ぼくらの七日間戦争

2020/08/26

シアタールーム

t f B! P L


 1988年公開といえばちょうど映画と同じ中学生時代。にもかかわらずこの映画は初見。

何と宮沢りえデビュー映画だったとか。初々しくもちょっと大人っぽくて、今見ても宮沢りえの素晴らしさを改めて実感するのである。

映画自体はありそうなストーリーで、「ぼくの」シリーズというか、「ズッコケ三人組」シリーズか「中学生日記」を彷彿とさせるかも。いずれにせよ、青春と中学生時代の背伸び感、甘酸っぱ感も少し感じさせる。驚いたことに佐野史郎、賀来千香子がここで共演していた。4年後に冬彦さん(「ずっとあなたが好きだった」)として再会と知っていたのだろうか。

ファミコンが出てきて、ちょうど時代の変わり目あたりのこの頃の雰囲気を、多少大袈裟でも十分表している映画だと思う。「boys and girls be ambitious だよね」というセリフも、21世紀へのきっかけのように感じられるのである。

この映画の紹介はこちら

ぼくらの七日間戦争 : 作品情報 - 映画.com

ぼくらの七日間戦争の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。校則に反発して廃工場に立て篭った中学生と教師や親など大人たちとの戦いを描く。宗田理原作の同名小説の映画化で脚本は前...



このブログを検索

最新記事はこちら

【Africa Daily】アフリカは太陽光をどうするつもりなのか?

(Unsplash) 今日のエピソード BBC World Service - Africa Daily, How is Africa doing with solar power? Millions across Africa have no access to elect...

自己紹介

そろそろネットで何かやってみるか、という程度。のんびり、てきとーに。