-->

【映画】バニー・レークは行方不明

2020/09/30

シアタールーム

t f B! P L

バニー・レークは行方不明


 アメリカからロンドンに着いたばかりの母娘、保育園に預けた初日に娘がいなくなってしまう。娘どころか娘の服やおもちゃもすっかり見当たらなくなってしまい、そもそも娘は存在したのか疑いが広がる・・・

実際にはあったら困るサスペンス映画。1965年の作品だが、既にロンドンは現在の形とあまり変わらず見慣れた風景に。

主役のアンを演じるキャロル・リンレイが自然な美しさとそれに反する感情的な演技で引き込まれる。また、警視役のローレンス・オリビエも堅い演技で最後の方まで立ち位置が分からずドキドキさせる。まあ映画なので展開はある程度予想はつくものの、それでも娘はどうなっているのか最後が気になる秀作と思う。

それにしても分からないのが、新居の大家(ノエル・カワード)。アル中変態の年寄りを猟奇的に演じて怪しさと気持ち悪さ満点なのだが、結局どういうつながりだったの?少なくともカワードの怪演が光る気持ち悪さであった。

この映画の紹介はこちら

バニーレークは行方不明 : 作品情報 - 映画.com

バニーレークは行方不明の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。イヴリン・パイパーの小説を、イギリスの夫妻チーム、ジョン・モーティマーとペネロープ・モーティマーが脚色、「危険な道...


このブログを検索

最新記事はこちら

【Africa Daily】アフリカは太陽光をどうするつもりなのか?

(Unsplash) 今日のエピソード BBC World Service - Africa Daily, How is Africa doing with solar power? Millions across Africa have no access to elect...

自己紹介

そろそろネットで何かやってみるか、という程度。のんびり、てきとーに。