-->

ルウから自作、デミグラスソースで欧風カレーを作る

2021/02/13

厨房

t f B! P L

ルウから自作、デミグラスソースで欧風カレーを作る

App Sheetで食料庫の在庫管理アプリを作る、我が家では案外重宝しております。 シリーズ記事をご覧でない方は是非こちらもお願いします!


【AppSheetで在庫管理】ノーコードで食料在庫管理アプリを作る(はじめに)

素人がノーコードで在庫管理アプリを簡単に作る・・・実際に作ってみるとどうなるのか?AppSheetを使って食料品の在庫管理アプリを作ってみました。実際の開発時間は、夕食後の時間を使って一週間程度です。


で、アプリで賞味期限が近いアイテムをみていたところ、「デミグラスソース」缶が1個出てきた。何か使えるものがないかと思っていたら、デミグラスソースで欧風カレーを作る記事を発見!しかもスパイスで作る本格レシピ!


【料理と酒】無敵!1番人気の濃厚 欧風ビーフカレー

カレー特集の第3弾は、欧風ビーフカレーです。濃厚で深みがありじっくりと煮込まれた、レストランや洋食屋さんで提供されるカレー。好きなカレーランキングでは無敵の1位…


そういえば欧風カレーってなんだったっけ?日本のカレーは欧風カレーじゃないの?と思っていたら、期待に応える記事を発見!



なんと、欧風カレー・・・なんとあのボンディが発祥とのこと。お昼に何度並んで食べたことか。しかも、「デミグラスソースをカレー作りに取り入れた」!本当に!じゃあこのデミグラスソース缶でボンディの味を再現できるのか。

そういえば最近カレーも全然作っていなかったし、自作ルウとも合うのかどうか試してみたい。

ということで、今回は、ルウから自作する欧風カレーのご紹介です。なお、このレシピは完成まで2晩かかります。

なお、ルウから作るカレーのレシピは別の記事で掲載済です。よって、この通りに作るだけ。今回との違いは、洋風か欧風か・・・以下もご参照ください。


ルウから作る洋風カレー

スパイスが簡単に手に入るのに出来合いのルウでカレーを作っていてもつまらない。ということで、ルウから自作して洋風(スパイスカレーではない)カレーを作ってみます。


今回は写真を入れてご紹介(カレーは撮り忘れてしまい最後だけです)。

作り方 (2〜3人分)

ルウ(所要時間1時間30分)

スパイスはお好みで足したり減らしたりしてください。
クセのあるフェネグリークは他のスパイスの半分にしています。
またカイエンペッパーもお好みで増やしたり減らしたり。

玉ねぎ 150グラム(1個)
ニンニク 10グラム(チューブで適当でも)
生姜 10グラム(チューブで適当でも)
バター 30グラム
小麦粉 30グラム(薄力粉)
クミン 小さじ 2
ターメリック 小さじ 1
カイエンペッパー 小さじ 1
コリアンダー 小さじ 1
オールスパイス 小さじ 1
フェネグリーク 小さじ1/2
塩 小さじ 1(少し少なめでも)
サラダ油 大さじ 1(オリーブオイルでも)

1、 玉ねぎ、ニンニク、生姜はみじん切り
2、 サラダ油にニンニク、生姜を入れ香りが出るまで熱する
  (今回はチューブを使ってしまったので、香りはほとんど出ませんでした)。

自作ルウ・ニンニクと生姜を炒める

3、 玉ねぎを入れ飴色になるまで炒める(強火)
   玉ねぎはとにかく小さく刻む。フードプロセッサにかけたいくらい。

自作ルウ・玉ねぎを炒める

4、 玉ねぎの炒め方は諸説あると思いますが、ここでは色がつくまで強火です。
   色がついたら弱〜中火に落としてさらに炒めます。多少焦げても大丈夫。

自作ルウ・玉ねぎに色をつける

   途中で水を適当に入れてさらに炒めます。
   焦げついちゃうし、おこげも水で溶かして旨味に・・・
   1時間も炒めるのは無理なので、頑張って30〜45分炒めます。

自作ルウ・玉ねぎ炒め完成



5、 別のフライパンにバターを入れ熱し、半分くらい溶けてきたら小麦粉を入れる。

自作ルウ・ホワイトソースを作る



6、 流体になり狐色になるまで炒める。
7、 フライパンの火を止めスパイスを入れる。塩も入れ均一になるように混ぜる。
   塩は少し減らしても良いかもしれません。
   デミグラスソースにも結構入っているようですので。
8、 玉ねぎを入れ均一になるように混ぜる。

自作ルウ・玉ねぎとスパイスソースを合体



9、 ラップにまとめ一晩冷蔵庫で寝かせる。

自作ルウ・完成

これでルウは完成です。ここまでで一晩終了します。

カレー(所要時間2時間45分+一晩寝かせる)

続いてカレー作りです。先程の、「無敵!1番人気の濃厚 欧風ビーフカレー」を参考にしながら、ルウと合いそうなレシピにしていきます。レシピの通り、煮込み時間は2時間超を目指します。

牛もも肉 400グラム
マッシュルーム 1パック
ニンニク 1片
生姜 適量
デミグラスソース缶 1缶(290グラム)
赤ワイン 1カップ(250cc)
塩、こしょう
サラダ油 大さじ 1

1、 ニンニク、生姜はみじん切り。
、 牛もも肉はぶつ切りし一口大くらいにして、塩こしょうし、15分程度おく。
3、 鍋にサラダ油を熱し、ニンニク、生姜を入れて香りが出るまで炒める。
4、 強火で牛もも肉を入れ焼き色をつける。
5、 デミグラスソースとマッシュルーム、赤ワインを入れて煮込み開始。
   適当に灰汁をとりながら煮込む。水分が飛ばないよう蓋をして煮込み続ける。
6、 焦げないよう、時々かき混ぜながら2時間15分経過。
7、 火を止め昨晩より冷蔵庫に入っていたルウを入れ、溶かす。
8、 火を付け直しさらに15分程度煮込む。
9、 火を消し、そのまま一晩置いておく。

次作ルウとデミグラスソースで欧風カレー

ルウから自作、デミグラスソースで欧風カレー完成

ついに、2晩かけて作った欧風カレーが完成!早速実食してみます。
うむ、うまい。自作ルウの軽さを残しながら、デミグラスソースがしっかり欧風感を出している。ボンディには敵いませんが。
思ったより塩気が強いのはデミグラスソースのせいなのか・・・塩は少し減らしたほうがいいかもしれません。
カレーとは赤ワインを合わせました。といってもカレーに投入したワインの残りですが。
ビールと一緒でもよさそうです。スタウトビールがお勧めとのこと。
いかがでしたでしょうか。完成まで少し時間がかかかりますが、よければお試しください。


このブログを検索

最新記事はこちら

【Africa Daily】アフリカは太陽光をどうするつもりなのか?

(Unsplash) 今日のエピソード BBC World Service - Africa Daily, How is Africa doing with solar power? Millions across Africa have no access to elect...

自己紹介

そろそろネットで何かやってみるか、という程度。のんびり、てきとーに。