-->

【AppSheetで在庫管理】商品情報を自動で取り付ける(Yahoo! APIと連携するプロセスを考える)

2021/12/31

Appsheet

t f B! P L

【AppSheetで在庫管理】商品情報を自動で取り付ける(Yahoo! APIと連携するプロセスを考える)

AppSheetで食料品の在庫管理アプリを作るシリーズ、家で買いだめするような缶詰やレトルトなどのバーコードを読み取り、在庫として管理するアプリをGoogleスプレッドシートとAppSheetを使って作っています。アプリ作成については以下記事のシリーズをご覧下さい。


【AppSheetで在庫管理】ノーコードで食料在庫管理アプリを作る(はじめに)

素人がノーコードで在庫管理アプリを簡単に作る・・・実際に作ってみるとどうなるのか?AppSheetを使って食料品の在庫管理アプリを作ってみました。実際の開発時間は、夕食後の時間を使って一週間程度です。

バーコードからYahoo!の商品情報を読み込みたい

さて、アプリでは商品のバーコードを読み込み商品情報を登録していますが、商品名や商品イメージは手入力になっています。一回登録すれば良いのですが、やはり一つづつ入力していくのは面倒です。

であれば、バーコードから外部サービスで商品情報が読み込めれば良いのでは、ということで、ありました。Yahoo!がAPIで商品情報を提供していました。他にもAmazonなどのAPIでも情報取得できますがが食品関係はYahoo!が強いらしい、ということで今回はYahoo! Web APIから商品情報を取得してアプリに反映させることにします。

AppSheetからAPIを呼び出す(Webhook経由で)

調べてみると、AppSheetのオートメーション機能を使ってWebhookでGAS(Google Apps Script)を呼び出しGASで処理を実行、実行結果はAppSheet APIでスプレッドシートに保存すれば外部データを取得することができるとのこと。今回はこれを再現することにします。

外部アクセスに必要な設定とは

このために必要となる設定は、

  • Google Apps Scriptの登録と設定
  • Yahoo!デベロッパーネットワークへの登録と設定
となります。GASでコーディングをする必要があるので、もはやノーコードアプリとは言えませんが、設定は難しくはありません。

参考となるサイト

なお、構築にあたっては以下のサイトを参考にしています。コンセプトはほとんどこのままです。いずれもわかりやすいのでぜひご参照ください。


AppSheetからREST API(GET)を使ってみた - Qiita

AppSheetでREST API(GET)使いたい POSTはAppSheetの標準機能で利用可能です。 しかしGETはできなそうだったので、GASを使ってやってみました。 検証等などをまとめたスライドを作りました。 ※ ス...

ローコード・ノーコードで作るバーコード読み取り商品管理 ~素人による素人のためのマニュアル~

アプリでの流れを考える

理想的なプロセスは

在庫管理アプリの流れは、バーコードを読み込むと商品情報が既に登録されているか判別、無ければ商品登録画面に進む、となっています。商品情報登録画面に進む前にYahoo!より商品情報取り付ければ良いので、想定するプロセスは以下の通りとなるはずです。


在庫管理アプリに商品情報登録プロセスを組み込む


外部データの取り付けには時間がかかる

ところが、この通りにAppSheetでプロセスを組み込んでもうまく作動しません。AppSheetでの画面の遷移やオートメーション機能の実行タイミングが、基本的にデータの保存・変更時点に限られるためです。

Yahoo!から商品情報を取得するのに時間がかる一方、AppSheetでの画面の遷移はデータ変更時点で実行されることから、商品情報登録画面が表示されたときにはYahoo!からの情報が間に合わないのです。

APIからデータ取得するタイムラグは手動で調整

これでは外部データを取り付けても自動化につながりません。そこで、プロセスを見直して商品情報取得プロセス実施後にデータが取り付けられるまで待機し、手動で商品情報編集画面に移動することにしました。

これで自動化と言えるのか、プロセス改善につながるのか疑問ですが、次のようなプロセスでアプリを構築することにします。


AppSheetでYahoo! APIを呼び出すプロセス


次は外部データ連携を設定する

プロセスのイメージはできましたので、次はプロセス構築に必要な外部データ連携の設定を行います。

次回は、GASとYahoo!デベロッパーネットワーク、そしてAppSheet APIの設定を説明し、AppSheetとどのように接続していくかご紹介します。


【AppSheetで在庫管理】商品情報を自動で取り付ける(GASとYahoo!デベロッパーネットワークとAppSheet APIの設定)

AppSheetで在庫管理アプリに商品情報を自動取り付けする機能を追加するシリーズ、今回はAppSheetで外部データを取り込むために必要な、外部設定について説明します。

シリーズ目次

素人がノーコードで在庫管理アプリを簡単に作る・・・実際に作ってみるとどうなるのか?AppSheetを使って食料品の在庫管理アプリを作ってみました。バーコードの読み取り、入庫、出庫の動きをアプリで作りながら、ポイントや気づきを中心に触れてみました。素人ですので、書いてあるよりも良い方法もあるかもしれませんが、AppSheetからアプリを使い始めるまでの流れは一通り説明しています。実際の開発時間は、夕食後の時間を使って一週間程度です。さらに続編として、入出庫履歴の記録と在庫データの表示も追加しています。

在庫管理アプリ構築編

その11:おわりに

個別処理編

Yahoo!商品検索APIから情報自動取り付け編

その19:商品情報を自動で取り付ける(Yahoo! APIと連携するプロセスを考える)


このブログを検索

最新記事はこちら

【AppSheet】データの型を一気に見てみる!

(写真は写真AC) AppSheetのデータ型を一気に見てみる! 進化を続けるAppSheetですが、機能そのものだけでなく、データの方も次から次へと増えているように思えます。気がつけば、AppSheetで表示されるデータの型は35個もあります。それぞれ何に使うのでしょうか。 こ...

自己紹介

数学苦手な文系が、そろそろネットで何かやってみるか、という程度。のんびり、てきとーに。